国家から企業まで様々なステークホルダーが、少しでも5Gで有利なポジションを得ようとしのぎを削る。その先頭を走るのが中国、そして技術力で群を抜くとされる華為技術(ファーウェイ)だ。米政府が圧力をかける中でも、しぶとさを見せる同社の成長戦略とは。

<span class="fontBold">生態系作りこそがファーウェイの成長戦略だ。AI(人工知能)の開発者育成プログラムを発表した社内イベント。</span>
生態系作りこそがファーウェイの成長戦略だ。AI(人工知能)の開発者育成プログラムを発表した社内イベント。

 今年1月、中国で世界初となる5G回線を利用した遠隔ロボット手術が実施された。舞台は福建省福州市の中国聯通(チャイナユニコム)東南研究院、そして約50km離れた場所にある福建医科大学孟超肝胆病院だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4039文字 / 全文4289文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「5Gインパクト」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。