一度、失敗すると最悪の場合、信用も資産も家族も失い、再起の道も閉ざされる──。昭和から平成にかけて起業環境が変わり、今は事業に失敗しても簡単には破滅しない。だが無傷ともいかないのが起業。起業失敗者6人がそれぞれのストーリーを語る。

 東京・五反田の雑居ビルから帰る道すがらの外苑西通りで、涙があふれ出した。社員も家族も失い、無一文になった自分。酒に溺れ、自分が潰した会社の残務処理をするだけの日々が続く。「ただただ悲しさと悔しさをかみ締めていた」。最盛期には年間400億円を売り上げながら2009年に事実上の倒産に至った不動産企業、エスグラントコーポレーションの元社長、杉本宏之氏はこう話す。

レバレッジ経営で杉本氏(左下)の会社は急成長したが、リーマン・ショックで失速した(写真はイメージです)(写真=PIXTA)

 別の不動産会社に勤めていた杉本氏が脱サラ起業したのは01年のことだ。起こしたのはデザイナーズワンルームマンションに特化した不動産販売。当時のワンルームは16~18m2が主流で20m2以上の高級ワンルームは珍しく、需要があると読んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り13848文字 / 全文14388文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「起業、失敗の後」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。