1980年代の労働組合との闘いと、90年代のルノーとの提携交渉。企業としてのていを維持する重要な局面を、日産はどう乗り切ってきたのか。「経営危機」に立ち向かった男たちが古巣の日産を思い、インタビューに応じた。

 日産自働車の歴史で避けて通れないのが労使の衝突だ。労組トップの塩路一郎氏は1970年代以降、当時の石原俊社長とぶつかり経営の停滞を招いた。そこに立ち上がった1人の課長がいた。渉外担当だった川勝宣昭氏は79年、同世代を集めて地下組織を結成。塩路氏を失脚に追い込むきっかけをつくった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2280文字 / 全文2536文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「シリーズ「会社とは何か」 日産の正体」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。