1999年、仏ルノーから派遣された男は破綻の瀬戸際にあった日産自動車を救った。あれから20年。カリスマとして日産に君臨したカルロス・ゴーン氏は被告の身になった。20年にわたる「ゴーン改革」は日産に何を残したのか。その功罪を検証する。

 1999年3月中旬。経営破綻の瀬戸際にあった日産自動車の塙義一社長(当時)は仏ルノーとの提携交渉のためパリに向かった。数日前にはルノーと並行して交渉を進めていた独ダイムラークライスラー(現ダイムラー)から断られたばかり。日産に残された選択肢はほぼルノーしかないという状況だった。

 シャルル・ド・ゴール空港で塙氏の到着を待ちかまえるメディアの目を避けるため、到着した塙氏らは警備員に守られながら空港内のホテルに入った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5823文字 / 全文6224文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「シリーズ「会社とは何か」 日産の正体」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。