今の日本では、会社の外だけでなく中にも、ミドルを中心に多くの人材が眠っている。中高年社員が今からジョブチェンジするなんて難しい──。そう思うのは間違いだ。技術革新が進む中、一般社員を希少人材に育て直すのはさほど困難ではなくなりつつある。

<span class="fontBold">AIの専門家が一人もいないが、社内ではAIを使った業務効率化のコンペが開かれる</span>
AIの専門家が一人もいないが、社内ではAIを使った業務効率化のコンペが開かれる

 クレジットカード大手、三井住友カードは2018年、DM(ダイレクトメール)による販促効果を3割改善させた。DMを送った見込み顧客からの問い合わせ率や追加サービスへの加入申込率が大きく上がったという。

 DMによる勧誘は長年続けてきた古典的な勧誘方法だが、販促効果が3割も跳ね上がったのは前代未聞。劇的な改善の立役者が、2017年から活動を始めた統合マーケティング部門のAI(人工知能)人材部隊だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3288文字 / 全文3630文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 凄い 人材確保」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。