全4848文字

業績悪化の要因に「人手不足」を挙げる企業は多い。だが、本当にすべて人手不足のせいなのか疑わしいケースも目立つ。であれば、企業にはまだ打つ手は残っている。

コカ・コーラボトラーズジャパンは、間接部門を中心に700人の人員を削減する。「物流費の上昇」がその一因というが……(写真=左下:picture alliance/アフロ、右:AFP/アフロ)

 必要な部門には人が足りず、そうでない部門では人が余る──。そんな状況に陥る企業が増えている。

 清涼飲料メーカー大手のコカ・コーラボトラーズジャパン(CCBJI)は3月11日から早期退職の募集を始めた。約1万7000人いるグループの社員のうち、勤続1年以上で45歳以上の正社員が対象。間接部門の社員を中心に幅広い職種で月末までに700人程度を募る。

 リストラに踏み切った背景には厳しい業績がある。増え続ける販売奨励金の負担、頻繁に実施するキャンペーンの費用、「ドル箱」といわれた自動販売機経由の販売落ち込み……。そんな業界共通の逆風に加え、CCBJIは2018年7月の西日本豪雨で広島県の主力工場を失った。