サービス分野についても消費者の意識を調査した。航空料金の変動は「受け入れられる」が70.9%だった一方で、鉄道は48.2%どまり。目的地に移動するという便益は同じであっても、変動に対する慣れによって、消費者の感覚には差が生じるようだ。医療費など生命に関わる領域については、「受け入れられない」という回答が目立った。

(イラスト=山崎 真理子)

 ダイナミック・プライシング全般については、「値上げが増えそうだ」との意見が86.2%を占めた。「企業が得をしそう」という感覚も根強い。右の専門家らが語るように、価格変動の背景を丁寧に説明する姿勢が求められそうだ。

Q5
どんな種類のサービスなら、料金が「もっと頻繁に」「もっと細かく」「自動的に」変動することを受け入れられますか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1195文字 / 全文1530文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ダイナミック・ プライシング 買わせる時価、買いたい時価」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。