全214文字

アフリカ経済は長い停滞を経て、2000年代から成長を始めた。それまでは名目GDPが伸びず人口は増えたため、1人当たりのGDPは減少、貧困が拡大した。アフリカは石油やダイヤモンドなどの鉱物資源または特定の1次産品の輸出が経済の柱である国が多く、00年代以降の成長は、資源価格の上昇によるところが大きい。原油価格が暴落した15年には成長率も下落。現在は成長を取り戻したが、安定成長には資源や1次産品頼みの構造からの脱却が欠かせない。

人口は多く、国民は若い
●アフリカの主要国の基礎データ
出所:国際連合「World Urbanization Prospects: The 2018 Revision」(人口)、「World Population Prospects: The 2017 Revision」(中央年齢)、国際通貨基金(名目GDP)
伸び率は中国が圧倒的
●対アフリカ直接投資額
出所:日本貿易振興機構(日本)、国連貿易開発会議(日本以外)
人口の伸びとともに経済成長が続く
●サブサハラ(サハラ砂漠以南)の名目GDPと人口の推移
出所:国際通貨基金「World Economic Outlook Database, October 2018」(GDP)、国際連合「World Urbanization Prospects: The 2018 Revision」(人口)。 GDPは2018年以降、人口は16年以降が予測
アフリカのスタートアップへの投資は桁違いに小さい
●スタートアップ企業への地域別投資額(2018年)
出所:WeeTracker(アフリカ)、PwC/CBインサイツ(北米、欧州、アジア)
だが、伸び率は高い
●アフリカのスタートアップへの投資総額
出所:WeeTracker
アフリカでも富裕層が増えている
●アフリカのHNWI(100万ドル以上の投資可能な資産を保有する富裕層)の推移
出所:キャップジェミニ
ユニコーン企業も出てきている
●企業価値や資金調達額が大きいアフリカのスタートアップ
出所:CBインサイツ、WeeTrackerなどから本誌作成。色が付いた企業がユニコーンで金額は企業価値、その他は調達総額
(写真=永川 智子)