ベストな人生を実現できると考えられる方法の一つは、経済的独立を成し遂げることだ。会社や組織に依存しなくても生きていける経済的基盤を築けば、人は自由な人生を謳歌できる。国内外で「ファイアムーブメント」の実践者を紹介するとともに、そのための方法論を探る。

 ワイキキビーチに打ち寄せるビッグウエーブ、遠くダイヤモンドヘッドにかかる七色の虹。51歳の杉山暢達氏は今、ハワイ・オアフ島にある別荘と日本を行き来する悠々自適の生活を送っている。

 ファイナンシャルプランナーという肩書はある。金融業界に長く身を置いた経験を生かし、一般の人向けに金融知識を教える啓蒙活動をしているほか、著述業も手掛ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5402文字 / 全文5754文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「シリーズ「会社とは何か」どこにある? ベストな人生」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。