バブル崩壊時に抱えた約1000億円の運用損失を20年近くにもわたって隠し続けていたオリンパス。2011年4月に社長に就任したマイケル・ウッドフォードは不透明な企業買収を指摘したが、当時会長の菊川剛と副社長の森久志はウッドフォードを突如解任。これをきっかけに不正が明るみに出た。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2109文字 / 全文2127文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「シリーズ「会社とは何か」敗者の50年史」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。