全5440文字

巨大な流通コングロマリットを目指して、熱海から海外まで展開していったヤオハン。その理由を、トップだった和田一夫からの手紙で明かしていく。そこには、巨大化に伴う副作用が、克明に記されていた。