全5280文字

その男は、都内の貸し会議室に、カバン片手に一人でふらっと入ってきた。日債銀のトップとして奮闘するも、金融崩壊の波にのまれていってしまった。その一部始終を、ここに語っていく。なぜ、巨大銀行は潰れてしまったのか。