全4507文字

「バブルの塔」。そう呼ぶにふさわしいビルが麻布十番駅を出ると、すぐに目に飛び込んでくる。これを作った男は、狂乱の1980年代を生き抜いた。渡辺喜太郎。彼とバブル紳士たちが見た、世界史にも残る日本のバブル経済を再現する。