日経ビジネス50年の歩みで、他のメディアと決定的に違う点を挙げるとすれば、企業事件や倒産を深く追い続けてきたことだ。勝者は特殊な環境や人材によって成功する。だから、まねすることは難しい。だが、敗戦は、原因を探るほど、多くの経営ノウハウや教訓が掘り当てられる。

 創刊7年目、弊誌は「敗軍の将、兵を語る」というコラムを開始した。事件に揺れる経営トップ、倒産した企業の社長を追いかけ、敗因を聞き続けた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4794文字 / 全文5063文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「シリーズ「会社とは何か」敗者の50年史」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。