リングの求道者

中邑真輔

2850
(写真=©2019 WWE,Inc.All Right Reservrd)

 世界最大のプロレス団体である米WWE。強烈なレスラーの個性とストーリー仕立ての試合が多くの人をとりこにしている。番組は20言語、180カ国以上で放送され、全世界で数億人が視聴している。この世界最高峰のプロレスで日本人選手が躍動している。

 中邑真輔。昨年、彼はプロレス界の頂点に手をかけた。2018年1月に開催されたWWEの四大特番で優勝。同年4月にニューオーリンズで開催されたビッグイベント「レッスルマニア」の王座戦の挑戦権を得た。レッスルマニアはプロレス界で世界最大の祭典。その頂点を決める王座戦に初めて日本人が出場する快挙を成し遂げた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6739文字 / 全文7087文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界を動かす日本人 50」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。