マツダがモーターとエンジンをともに搭載するプラグインハイブリッド車(PHV)の品ぞろえを拡大している。自動車業界にはPHVを飛び越して電気自動車(EV)シフトを進める動きもあるが、「全方位」路線にこだわる。販売規模が約122万台(2022年度見通し)と決して大きくないマツダは、どんな勝機を見いだしているのか。

マツダが開発した「MX-30」のPHVモデルは発電機としてロータリーエンジン(右上)を搭載する
マツダが開発した「MX-30」のPHVモデルは発電機としてロータリーエンジン(右上)を搭載する

 11年ぶりにロータリー復活──。往年の車ファンは心躍ったに違いない。マツダは1月13日、多目的スポーツ車(SUV)「MX-30」にロータリーエンジンを発電機として搭載するPHVモデルを加えると発表した。まず2023年春に欧州で発売する。

 ロータリーエンジンはおむすび型のローター(回転子)がぐるぐる回り、動力を生む構造。1967年にマツダが世界で初めて量産に成功し、同社の技術力を示す看板技術として多くの車ファンの記憶に焼き付いた。こうした経緯からいや応なしにマツダのPHVに関心が集まる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り932文字 / 全文1340文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。