靴に取り付けられたIoTデバイスが、振動で道順を知らせる、ナビゲーションシステム「あしらせ」。従来、音声案内などに頼っていた視覚障害者の単独歩行をサポートする。「安心して一歩踏み出せるように」開発したのは、ホンダ発のスタートアップだ。

「あしらせ」は視覚障害者の歩行を振動でサポートする
「あしらせ」は視覚障害者の歩行を振動でサポートする

 「今までは地図を確認するのに時間がかかって、人混みを歩くのは不安で仕方なかった」

 埼玉県川越市に住む40歳の谷田光一さんは、23歳のときに病気で視力が低下し、現在の視力は右目が0.3で左目は0。そんな谷田さんが靴に装着したのは、青白く点灯する四角い装置。これはホンダ発のスタートアップ、Ashirase(アシラセ、東京・墨田)が開発した、視覚障害者向けのナビゲーションシステム「あしらせ」のデバイスだ。「人が多い場所でも周囲環境の認知に意識を使えた。人通りの多い秋葉原にも行ってみたい」と谷田さんは声を弾ませる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り892文字 / 全文1275文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。