MS&ADインシュアランスグループホールディングス(HD)は2025年度までに従業員数を6300人減らす。損害保険各社は世界で増大する自然災害リスクに頭を悩ませており、収益構造の強じん化が求められている。大手の一角が大規模な人員削減に打って出たことで、業界内で「リストラ」の連鎖が始まる可能性がある。

9月、「イアン」が襲来した米フロリダ州。この大型ハリケーンによる世界の保険会社の損害は最大10兆円に上るとの試算も(写真=AP/アフロ)
9月、「イアン」が襲来した米フロリダ州。この大型ハリケーンによる世界の保険会社の損害は最大10兆円に上るとの試算も(写真=AP/アフロ)

 「新卒採用の抑制や出向増を進めており、今後の自然減などを勘案すると着実に実現していけると考えている」。MS&ADの原典之社長は人員削減について、こう説明する。

 同社は2026年3月期までに、事業費を22年同期比で460億円減らす。計画の柱となるのが国内生損保主要3社の人員削減で、減少幅は3社全体の従業員数の18%に相当。200億円規模のコスト削減を見込む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り958文字 / 全文1294文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。