孫正義社長率いるソフトバンクグループの「冬ごもり」が長期化しそうだ。4~9月期決算は最終損益の赤字が大幅に縮小したが、主因はアリババ株の一部売却に由来する一時的なもの。「当面の間は最後になる」と決算説明会での登壇を取りやめ、「冬ごもり」を宣言した孫氏に春はいつ訪れるのか。

 ソフトバンクグループ(SBG)が11月11日に発表した2022年4~9月期決算は、4~6月期に比べ最終損益の赤字が大幅に縮小した。ただその主因は保有する中国・アリババ集団株の一部売却に由来する一時的なもの。孫正義社長は今後の決算説明会での登壇を取りやめることを明かし、「冬ごもり」を宣言した。

 孫社長は毎日、世界の金融市場について、社内の専門チームから報告を受ける。株価や金利といった表面的なデータだけでなく、様々な金融関係者から得た定性的な情報を含めたものだ。その内容は明かされないが、手掛かりはある。後藤芳光CFO(最高財務責任者)が11日に発した「保守的にみれば、不安定な状況が続くとみるべきだ」との言葉だ。1つの結論が、厳しい事業環境の「長期化」だろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り783文字 / 全文1256文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。