中国のEV(電気自動車)市場では、米テスラと中国比亜迪(BYD)の「2強」の構図が鮮明になっている。ホンダやトヨタ自動車など日本企業も新モデルで巻き返しを狙うが、新たな競争相手も生まれつつある。代表例が、中国スマートフォン大手の小米(シャオミ)。世界最大のEV市場での競争は激しさを増す。

 中国での電気自動車(EV)人気が止まらない。中国汽車工業協会が11月10日に発表した10月におけるEVを中心とする新エネルギー車の販売台数は前年同月比81.7%増の71万4000台となり、3カ月連続で過去最高を更新した。

 EVの販売台数は66.6%増の54万1000台と、新エネ車の8割弱を占める。新型コロナウイルスの感染拡大でガソリン車を含めた新車販売台数が6.9%増の250万5000台と伸び悩む中、政府の補助金政策もあり好調を維持した格好だ。

 市場をけん引するのは中国比亜迪(BYD)と米テスラだ。10月のEV販売台数は、BYDが約10万3000台で首位、テスラが約7万2000台で続く。10月の新エネ車の販売台数の上位10社には中国企業が並び、日本企業はない。「高級志向ならテスラ、手ごろ感ならBYDを選ぶ」(上海市の40代男性)といい、「2強」による市場でのすみ分けが進みつつある。

日本勢も中国EV市場に続々

ホンダのEV専用ブランド「e:N(イーエヌ)」シリーズの新たなコンセプトモデル(左)とトヨタ自動車の新型EV「bZ3」(右)
ホンダのEV専用ブランド「e:N(イーエヌ)」シリーズの新たなコンセプトモデル(左)とトヨタ自動車の新型EV「bZ3」(右)

 世界一のEV市場となった中国で、これまで存在感を発揮できなかった日本勢だがここにきて巻き返しに動き始めた。ホンダは11月5日、EV専用ブランド「e:N(イーエヌ)」シリーズの新たなコンセプトモデルを発表した。10日まで上海市で開催された中国国際輸入博覧会で披露した。

 第1弾となるSUV(多目的スポーツ車)2車種は今春、中国市場に投入しており、今回は第2弾のコンセプトモデルとなる。仕様は明らかにされていないが、「シャープで力強いボディーラインに加え金属感を際立たせる表面処理を施し、既存のどのカテゴリーにも属さない新たなスタイルを目指した」(同社)とする。

 2023年度中に中国市場で商品化する計画。ホンダの三部敏宏社長は、「中国において、ホンダならではの独自で多様な電動モビリティーを続々と届け、電動ブランドへと生まれ変わる」とコメントした。

 トヨタ自動車も10月24日、中国市場向けの「bZ3」を発表。EV専用ブランド「bZ」シリーズの第2弾で、初のセダン型となる。BYDと共同開発し、生産販売はトヨタの中国合弁会社である一汽トヨタが担う。BYDのリン酸鉄系のリチウムイオン電池を採用しており、1回の充電での走行距離は600kmを超えるという。

 トヨタとBYDは19年にEVの共同開発契約を結んでいた。bZ3の発売時期や価格は未定だが、「BYDとの協業もありコストダウンは進むはず。価格はテスラなどに比べて安くなる」と見る関係者は多い。

次ページ テスラが価格攻勢