迷走を続けたセブン&アイ・ホールディングス(HD)傘下の百貨店、そごう・西武の売却問題にようやく片が付いた。買い手は、米投資ファンド「フォートレス・インベストメント・グループ」と「ヨドバシホールディングス(HD)」の連合。不動産の観点から「魅力に欠ける」との声もあるが、ヨドバシは出店の空白域に「EC強化」の利を見ているようだ。

 セブン&アイHDは11月11日、そごう・西武の売却先がソフトバンクグループ(SBG)傘下のフォートレスに決まったと発表した。フォートレスは日本で不動産投資に注力している。しかし、ある証券アナリストは、「そごう・西武に切り出せる資産はほとんどない」と指摘する。

 実際、そごう・西武に残る資産を切り出すのは難しい。旗艦店の西武池袋本店(東京・豊島)は西武鉄道の池袋駅と一体化しており、底地の多くを現在は資本関係がない西武グループが所有する。そしてそごうは、全国各地の再開発事業のキーテナントとして名乗りを上げ、店舗を増やしていった経緯から、土地・建物ともに複数の権利者が存在する。純粋な自社所有物件は皆無に等しい。

 今回、利を得るのはフォートレスと組むヨドバシHD(東京・新宿)だろう。同社とそごう・西武の店舗網は重複が少ない。両社の大型店が近接するのは横浜駅前だけ。千葉駅前にも両社の店舗があるが、ヨドバシの店舗は規模が小さい。11月1日にライバルであるビックカメラの大型店舗が開業したこともあり、そごう千葉店に増床移転すれば対抗策となる。

 西武池袋本店はヨドバシ出店の最有力候補だ。駅前にはビックカメラ、ヤマダデンキの旗艦店がひしめくが、西武池袋本店は駅直結である分、有利だ。西武渋谷店(東京・渋谷)もヨドバシが未出店のエリアとなる。ヨドバシHDは「そごう・西武の百貨店と連携した新たな店舗の出店をはじめ、(中略)より一層、価値ある店づくりに努めてまいります」とのコメントを発表している。

次ページ 店舗の役割は集客に限らない