中国の比亜迪(BYD)がパリ国際自動車ショーで欧州市場への本格参入を発表した。中国でのEV販売が急増し、世界のEV販売シェアは米テスラに次ぐ2位につける。欧州でも販売を伸ばせば、自動車産業の勢力図を塗り替えることになりそうだ。

BYDは10月17日、パリ国際自動車ショーで欧州市場への本格参入を発表した。EV3モデルを投入する
BYDは10月17日、パリ国際自動車ショーで欧州市場への本格参入を発表した。EV3モデルを投入する

 10月17日に開幕したパリ国際自動車ショー。会場を訪れた欧州自動車大手ステランティスや伊フェラーリの会長を務めるジョン・エルカン氏は、中国の比亜迪(BYD)や長城汽車の電気自動車(EV)の運転席に座り、内装を見たり中央のパネルを触ったりして回った。

 自動車業界で今、最も注目されている企業の一つがBYDだ。もともとEVに力を入れてきたが、2021年後半から販売台数が急伸。22年1~6月のEV販売台数は32万台と米テスラに次いで世界2位につけた。

 そして今回、本格的な欧州進出を宣言した。22年末までにドイツで、23年からは英国やフランスでも販売を始める。多目的スポーツ車(SUV)「唐(TANG)」、スポーツセダンの「漢(HAN)」、SUV 「ATTO3(アットスリー)」の3車種を投入する。

 本気度が垣間見えたのが、充電サービスだ。エネルギー大手の英シェルと共同で約30万基の充電ステーションをBYDユーザーが利用しやすくする仕組みを導入。2000人の顧客を対象とする無料充電サービスの展開も発表した。テスラがEV販売を伸ばしている要因の一つに、独自の充電ネットワークの整備がある。BYDはこの成功例を踏襲しようとしているようだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 世界のEV市場は22年に600万~700万台の新車販売台数に達する見込みで、「3強」が存在感を発揮している。テスラと独フォルクスワーゲン(VW)、韓国の現代自動車グループだ。自国以外で販売台数を伸ばしていることが共通点だ。テスラは米中欧に工場を構え各市場で販売を伸ばし、VWは中国や米国でEV販売台数を増やしつつある。現代グループは米国や欧州でEV販売が好調だ。BYDが欧州で販売を伸ばせれば、「EV4強」を構成することになる。

 BYDは1995年に王伝福氏が創業。携帯電話向けリチウムイオン電池の供給で実績を積み、2008年には米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社グループが出資したことで注目された。自動車会社を買収し、電池からEV生産までを手掛けられる垂直統合モデルに強みがある。電池調達に苦労するEVメーカーが多い中で、自社製電池を搭載できる強みを発揮している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1076文字 / 全文2108文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。