(写真=新華社/アフロ)
(写真=新華社/アフロ)

 「2035年までに『社会主義現代化』をほぼ実現し、35年から今世紀半ばまでの期間で『社会主義現代化強国』にしていく。今後5年は、社会主義現代化国家の全面的な構築が始まる重要な時期だ」。中国北京市で10月16日に開幕した中国共産党の第20回党大会。開幕式で活動報告をした習近平総書記(国家主席)は、今後の政策運営の重要性を強調した。

1強体制、政策転換難しく

 党大会は5年に1度開かれ、中国共産党の指導体制や基本方針を決める。第20回党大会では、12年から共産党トップを務めてきた習氏が「異例」の3期目に突入するかどうかが一つの焦点となっていたが、冒頭の発言で続投は確定的となった。

 習氏は活動報告の中で、今後の政策について強気の主張を繰り返した。自らが主導する「共同富裕(ともに豊かになる)」を追求していく考えを強調。習氏は「低所得者の所得を増やし、中間層を拡大し、所得分配機能をルール化していく」と語った。台湾問題については「中国人自身のことで、中国人が自分で決めなくてはいけない。決して武力行使の放棄はしない」と統一に強い意欲を示した。

 「ゼロコロナ政策」による経済活動の停滞、産業への規制強化、不動産市場の変調、米中対立など様々なリスクに中国経済は直面している。だが、政治体制安定の優先度を経済よりも明確に上位に置く姿勢が変わる可能性は小さくなっている。

 党大会中の10月18日に予定されていた22年7~9月の国内総生産(GDP)の発表は、理由もなく延期された。「政治日程に重なったことが主な原因だろうが、好調なら発表しているはずでポジティブには受け止められない」(日系証券会社幹部)。市場には混乱が広がった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1330文字 / 全文2048文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。