2022年10月以降の契約分から、火災保険の保険料が大幅に引き上げられるケースが増えている。損害保険会社が保険料のベースにする「参考純率」が、相次ぐ自然災害などを背景に上昇したためだ。今後も値上げ基調は続くとみられ、大手各社は特約などで独自性を出し、加入者をつなぎ留めようと動く。

台風による被害が相次いだことで、火災保険料の引き上げが不可避に(9月、土砂崩れに巻き込まれた浜松市の住宅)(写真=共同通信)
台風による被害が相次いだことで、火災保険料の引き上げが不可避に(9月、土砂崩れに巻き込まれた浜松市の住宅)(写真=共同通信)

 損保の業界団体である損害保険料率算出機構がはじき出す参考純率が、2021年6月に全国平均で10.9%引き上げられた。19年、台風15・19号が各地に深刻な被害をもたらし、支払保険金がかさんだことなどが背景にある。この改定が、22年10月以降の契約分から適用された。

 加えて参考純率の最長適用期間が従来の10年から5年に短縮された。これに合わせ、多くの損保会社が契約期間を最長5年とした。災害リスクが読みにくくなっているためだが、火災保険は基本的に長期契約、かつ一括払いにすることで保険料が下がる。加入者の負担感は一層増す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り903文字 / 全文1312文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。