トヨタ自動車が、不具合の発覚で止まっていた初の量産電気自動車(EV)の国内販売の再開を決めた。サブスクリプション(定額課金)の月額利用料を当初プランから1100円値下げし、法人にもサブスクを提供する。初年度5000台とした国内販売目標に少しでも近づきたい考えで、EVで先行する日産自動車などを追撃する。

トヨタ初の量産EV「bZ4X」。サブスクで販売する
トヨタ初の量産EV「bZ4X」。サブスクで販売する

 トヨタ自動車が、初の量産電気自動車(EV)「bZ4X」の国内販売の再開を決めた。5月に受注を開始したが、6月にタイヤを取り付けるハブボルトの不具合が見つかり、国にリコール(回収・無償修理)を届け出て生産・販売が止まっていた。当初掲げた初年度5000台の国内販売目標の達成が厳しいとも指摘される中、販売のてこ入れを図る。

 同車は当初、個人に対してはトヨタグループのKINTO(名古屋市、キント)を通じたサブスクリプションサービスで、法人には販売店を通じたリースで提供するとしていたが、そのプランを一部改定。価格面では、サブスクの月額利用料金(最初の4年間の定額分)を、当初の10万7800円から10万6700円に1100円値下げした。契約時に払う申込金も77万円から38万5000円に引き下げた。仮にbZ4Xを4年間乗って車を手放す場合、その期間に払う料金の総額が、申込金も含めると約43万円安くなる計算だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り742文字 / 全文1302文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。