社会課題の解決を目指す新興企業「インパクトスタートアップ」の業界団体が発足した。スタートアップ支援は岸田文雄首相の肝煎り政策で、「新しい資本主義」を後押ししようと政府も期待を寄せる。ただ、起業家や投資家の数の少なさなど、3つの壁が立ちはだかる。

設立発表会には自民党の平井卓也衆院議員(左から2人目)も参加
設立発表会には自民党の平井卓也衆院議員(左から2人目)も参加

 10月14日、保育向けシステム開発のユニファ(東京・千代田)やクラウドファンディング仲介サイト運営のREADYFOR(レディーフォー、同)などの新興企業23社が共同で「インパクトスタートアップ協会」の設立を発表した。

 インパクトスタートアップとは環境やエネルギー、医療、福祉、教育、子育て、食、農業などの社会課題が残る分野で主に活躍する新興企業を指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り916文字 / 全文1223文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。