米テスラは2022年9月30日、技術説明会を開いてヒト型ロボット「オプティマス」のプロトタイプを公表した。現場での危険な作業や単純労働を担うオプティマスは、自家用車よりも安価な2万ドル以下での販売を目指す。学生や技術者を招き、先進技術を説明したイベントは、若き才能を魅了する“採用活動”の機能も果たしている。

 米カリフォルニア州パロアルト市。かつて米ヒューレット・パッカードの旧本社があった区画に、米テスラの拠点がある。敷地内では学生や技術者を招いた技術説明会「Tesla AI Day 2022」が開かれていた。発表したのは自立歩行するヒト型ロボット「オプティマス」だ。

米テスラは技術説明会「Tesla AI Day 2022」で、ヒト型ロボット「オプティマス」のプロトタイプを公表した(写真=米テスラ)
米テスラは技術説明会「Tesla AI Day 2022」で、ヒト型ロボット「オプティマス」のプロトタイプを公表した(写真=米テスラ)

 5本の指と28の関節、胸部には1日駆動できるバッテリーと、周囲を認識して動きを制御するコンピューターを備える。イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)は、「最終的には数百万台を生産し、価格は車よりも安くなる。2万ドル(約290万円)以下が私の予想だ」と説明した。

 低コストを実現する秘策が、市販する電気自動車(EV)との部品共通化。EVで使うコンピューターやバッテリーをオプティマスに搭載して製造コストを下げる。「3~5年以内にはオプティマスを市販できるだろう」(マスク氏)との見通しだ。

 オプティマスに続き、運転支援機能のFSD(フルセルフドライビング)や、自動運転の機械学習用スーパーコンピューター「Dojo(ドージョー)」、さらに質疑応答を含めたっぷり3時間をかけて、技術面から同社の取り組みを説明した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1033文字 / 全文1686文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。