東京都が2025年4月から、全国で初めて新築の戸建てへの太陽光パネルの設置を義務付ける。設置の必要性は国でも議論されていたが、複数の省にまたがる案件で、議論は停滞していた。自治体が先行する形で脱炭素化が進み、国の施策にも影響を及ぼす可能性がある。

東京都は住宅メーカーに対して太陽光パネルの設置を求める(写真:Shutterstock)
東京都は住宅メーカーに対して太陽光パネルの設置を求める(写真:Shutterstock)

 「広い土地が少なく、再生可能エネルギーの立地に適さない東京都が決めたことの意味は大きい」。自然エネルギー財団の大野輝之常務理事は、東京都が太陽光パネルの設置義務化の方針を9月に発表したことを受け、こう話した。東京都は関連条例の改正案を12月の議会に出す。

 企業だけでなく自治体も脱炭素化に取り組み、世界の主要都市がクリーンな都市を競い合う時代だ。東京都は2030年までに温暖化ガス排出量を00年比で半減する計画を持つ。住宅からの排出量も多いため、新たな制度を設ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り872文字 / 全文1237文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。