家具日用品大手・ニトリホールディングス(HD)が創業の地、北海道で物流網の改革に取り組み始めた。輸送費などが高騰する中、2025年までに分散する物流センターを自社物件に集約し、コスト削減を図る。その第1弾「石狩DC」が9月末に稼働。従業員の負担を減らす工夫など、労働力不足の課題にも向き合う。

9月末から稼働するニトリHDの石狩DCと似鳥昭雄会長(右上)
9月末から稼働するニトリHDの石狩DCと似鳥昭雄会長(右上)

 札幌市街から車で30分ほどに位置する石狩湾新港の隣接地で、延べ床面積7万m2超の物流施設が9月末から稼働する。ニトリHDが建てた「石狩DC(在庫保管型物流センター)」、船の積み荷を港湾で受け入れ、輸送コスト削減を図る施設だ。北海道はニトリ創業の地。だが、思い入れだけでこの地を選んだのではない。これは今後に直面するであろう課題を克服するための挑戦だ。

 ニトリHDは2022年2月期決算で35期連続の増収増益を達成した。同社の成長戦略は出店数の増加がエンジン。現在は32年までに「3000店舗・売上高3兆円」を目標としている。22年2月期時点の店舗数は本業の「ニトリ」のほか、インテリア雑貨の「デコホーム」やホームセンターの「島忠」を合わせ、国内外で801店舗。23年3月期はさらに141店舗を増やし、36期連続の増収増益を見込む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り810文字 / 全文1328文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。