日本と海外をつなぐ越境EC(電子商取引)事業者の流通総額が膨れ上がっている。円安など複数の要因が追い風になっており、大手サイトでは前年比2割の伸びを示す。動画で日本のアニメを見て、関連商品を求めるといった消費の新たな流れも背景にある。

 越境ECサイトの流通総額が前年同期を大幅に上回った──。国内最大手、BEENOS(ビーノス)のサイト「Buyee(バイイー)」では、4~6月の流通総額が米国を中心に拡大し、2割増の115億円となった。

 同サイトでは、海外の消費者による日本の商品購入を手助けしている。ヤフーや楽天グループ、メルカリなどと連携し、これらのサイトの商品データを翻訳。海外の消費者から注文を受け付けて、代理購入して海外に発送する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り897文字 / 全文1229文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。