ソフトバンクグループが進めてきた投資会社化に、ブレーキがかかった。世界経済の先行き不安を背景にした株安で、出資先の企業価値が大きく下落。会計上の利益が過去最悪に陥り、これまでの累積的なユニコーン投資の成果も吐き出し、ほぼ振り出しに戻った。

[画像のクリックで拡大表示]

 「(企業価値10億ドル以上で未上場であるユニコーン企業の)評価についてバブル状態があったと反省している」。8月8日、2022年4~6月期の決算発表会見の壇上で、孫社長はこう振り返った。4~6月期の決算では最終損益が3兆1627億円の赤字と、4~6月期の日本企業の赤字として過去最大。理由は、保有する上場企業株やユニコーン企業株の価値が下落したため。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り933文字 / 全文1232文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。