通販サイトや金融機関などの偽サイトに誘導し、個人情報を抜き取る「フィッシング詐欺」が急増している。監視団体への報告件数は1年で約3倍に増えた。不正急増の背景には、クレジットカード情報など、日本人の個人情報が売買されている海外の闇市場という存在があるようだ。

(写真= PIXTA)
(写真= PIXTA)
[画像のクリックで拡大表示]

 7月までに、中国人6人が神奈川など複数の県警による合同捜査本部に逮捕された。フリマアプリ大手メルカリの電子決済サービス「メルペイ」で、他人のアカウントを不正に利用してコンビニエンスストアから商品を大量に購入したなどの疑いがあった。

 容疑者らはフィッシング詐欺などで入手した他人のアカウントに不正アクセスして決済を繰り返したとみられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り926文字 / 全文1233文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。