電子機器の廃基板から貴金属やレアメタルをリサイクルする「都市鉱山」ビジネスが衆目を集める。資源の安定調達が難しくなっているためだが、従来はメールやファクスを使って取引しており非効率だった。大手の三菱マテリアルがオンライン取引プラットフォームを稼働し、取引環境のDXを進め始めた。

廃基板の査定状況を回収業者とリアルタイムに共有できる
廃基板の査定状況を回収業者とリアルタイムに共有できる

 三菱マテリアルは「都市鉱山」と呼ばれる使用済み家電や電子機器の廃基板を取引する新たなプラットフォーム「MEX」を2021年末に稼働した。22年7月時点で、国内の取引先のほぼすべてが新システムの利用を開始した。

 ロシアのウクライナ侵攻や米中対立の深刻化など、地政学的な緊張が高まっていることで資源の調達難や価格上昇が起き、都市鉱山からのリサイクル需要は高まっている。三菱マテは世界で発生した廃基板の2割弱を処理している。メールやファクスを使用する取引が主流だった都市鉱山ビジネスでDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進することで、競合優位を確立することを目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り878文字 / 全文1308文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。