1日当たりの入国者数の上限を緩和し、観光目的の訪日外国人(インバウンド)客受け入れを再開した日本。だが、日本を出入国する観光・ビジネス客の数は伸び悩む。依然、海外に比べ厳格な入国制限が背景にある。新型コロナウイルスの感染再拡大は進むが、実情に即した水際対策の一段の緩和を検討する必要性は高まる。

成田空港で香港ツアー客を出迎える旅行会社などのスタッフ
成田空港で香港ツアー客を出迎える旅行会社などのスタッフ

 「ショッピングが楽しみ。30万円ほど持ってきた」。6月22日、成田空港でこう話したのは香港から来日した23歳の女性観光客だ。政府は6月10日、訪日観光客受け入れを再開。22日から1週間、再開後初の香港からのツアー客が日本各地を巡った。

 今は24年ぶりの円安水準。買い物などを目的とした外国人客を呼び寄せるには絶好のタイミングだ。だが、客足は依然として鈍い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り998文字 / 全文1331文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。