「値上げの春」はいつの間にか夏を迎えたが、食料品の値上げラッシュはとどまるところを知らない。マヨネーズやポテトチップスなど、2022年内だけで複数回の値上げを発表した食料品も出ている。背景にあるのは食用油の急騰。一部企業は油に頼らない商品への注力など戦略転換を試みる。

値上げが相次ぐ食用油。植物油を原料などに使う食料品の価格にも影響を及ぼしている(写真=吉原秀樹/アフロ)
値上げが相次ぐ食用油。植物油を原料などに使う食料品の価格にも影響を及ぼしている(写真=吉原秀樹/アフロ)

 値上げラッシュが続く食料品。中でも、価格改定を繰り返すのが食用油だ。総務省の小売物価統計調査によると、2021年6月時点で292円だった東京都区部の食用油の小売価格(1本・1kg)は1年で38%上昇。22年6月に402円となった。食用油を巡っては大手が21年以降に6回ほど値上げしている。J-オイルミルズは7月から大豆油や菜種油の価格を1kg当たり60円以上と、過去最大の値上げ幅で引き上げた。

 多くの食料品で原材料として使用される植物油の国際価格の高騰は、足元で一服感が見られる。もっとも、先行きの不透明感は強く、予断を許さない状況が続く。加えて、脱炭素の潮流を受けてバイオ燃料向けでも植物油の需要が膨らんできている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り859文字 / 全文1310文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。