この記事は日経ビジネス電子版に『粉ミルクショックが示すインフレの深刻さ 価格3倍で「国家の危機」』(5月27日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』6月6日号に掲載するものです。

米国で乳幼児向けの粉ミルクが店頭から消える「粉ミルクショック」が起きている。主力工場の閉鎖を機に価格は2年前の3倍以上に高騰。インフレの波は国産品にも及び始めた。ガソリン価格の高騰も別次元に突入している。米国発の世界不況は現実となるのか。

 「7番レジに行けばあるわよ」。ニューヨーク州マンハッタンから車で30分ほどの場所にあるニュージャージー州のウォルマート。5月下旬に店舗に行くと、乳児を抱えた母親が粉ミルク商品のある場所をこう教えてくれた。

 米国で粉ミルクが欠品する事態が数カ月にわたり続いている。この店舗では1人が購入できる個数を制限し、商品をレジ店員の背後に置いて厳重に管理していた。しかも、記者が訪問した日は1歳以上の幼児用しかなかった。「1歳未満の乳児用は入荷がなく、入ったとしても一瞬で売り切れる」(店員)

 オイルショックならぬ「粉ミルクショック」──。2月下旬、米国市場の半分弱を供給するアボット・ラボラトリーズが工場の衛生管理について米食品医薬品局(FDA)から指摘された。同社が商品リコールと工場閉鎖に踏み切ると、消費者が一気に購入に走り店頭から商品が消えた。

 価格もみるみる高騰。地元メディアによると、2019年に1オンス当たり9~32セント(約11~41円)だった価格は22年1~5月に54セント~1ドル15セントにまで上昇している。乳児1人の年間消費量で5000~1万500ドルになる計算だ。

最大手のアボット・ラボラトリーズが生産する粉ミルク「シミラック」は主力工場の閉鎖とリコールで店頭から消えた(写真=AFP/アフロ)
最大手のアボット・ラボラトリーズが生産する粉ミルク「シミラック」は主力工場の閉鎖とリコールで店頭から消えた(写真=AFP/アフロ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1371文字 / 全文2085文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。