回転ずしの「スシロー」運営会社が2022年10月以降の値上げを発表した。創業以来38年間続けてきた「1皿100円(税抜き)」を取りやめ、1皿の最低価格を税込み120円にする。売り上げでも利益水準でもトップのスシローが選んだ価格戦略に、競合企業が対応を迫られそうだ。

水産物の価格高騰が値上げへの圧力となった
水産物の価格高騰が値上げへの圧力となった

 「100円でもやれないことはないが、食材のクオリティーが落ちてしまう。おいしさを保つギリギリのラインだ」。5月9日に国内スシローの値上げを発表したFOOD & LIFE COMPANIES(F&LC)の水留浩一社長は値上げについてこう説明した。

 郊外型店舗で税込み110円、165円、330円だったメニューを、それぞれ同120円、180円、360円にする。都市型店舗では最も安価なメニューが同132円から同150円になる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り813文字 / 全文1162文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。