「処方箋なしで病院の薬が購入できる」とうたう「零売専門」薬局チェーンが登場している。医療機関を受診せずに薬を購入できるため、多忙なビジネスマンなどのニーズはありそうだ。ただ、制度の抜け道を使ったグレーゾーンの販売方法であり、普及には課題が残る。

[画像のクリックで拡大表示]

 病院の薬を処方箋なしで売る「零売」。この仕組みを売りにした専門薬局チェーンが登場した。「GOOD AID」(名古屋市)が展開する「セルフケア薬局」だ。服部雄太代表取締役は、「零売は2005年に厚生労働省が条件付きで認めた制度。1万5000種類ある医療用医薬品の約半分が処方箋医薬品以外の医薬品だ。これを医療機関を受診前の患者に零売することで、保険に頼らないセルフメディケーションを実現できる。医療費高騰が叫ばれる中で、薬局や薬剤師の在り方の一つとなる」と説明する。

 処方箋医薬品は、大規模災害時など厚労省が05年に出した通知で定めたケースを除いて、医師の処方箋を持たない人には原則販売できない。だが、医療用医薬品には処方箋医薬品以外の医薬品も数多く存在する。それらは幾つかの条件下で処方箋なしの販売が可能だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り628文字 / 全文1110文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。