この記事は日経ビジネス電子版に『テスラの新工場「ギガテキサス」 現地で感じたその恐るべき実力』(4月15日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』4月25日号に掲載するものです。

米テスラが4月7日、テキサス州オースティンに新設した工場「ギガテキサス」の開所式を実施した。既存メディアは招かれず中に入れなかったが、外に集まったファンに紛れ一部始終を現地で見つめた。ユーチューバーの証言や映像からは、予想だにしなかった工場の実力が見えてきた。

開所式に登場したテスラCEOのイーロン・マスク氏(写真=AFP/アフロ)
開所式に登場したテスラCEOのイーロン・マスク氏(写真=AFP/アフロ)

 米テスラの最新工場「ギガテキサス」は、テキサス州オースティンの中心部から東に車で30分ほどの場所にある。4月7日に開催された開所式ではイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)のスピーチやロックバンドの演奏、花火の打ち上げなどが来場者をもてなした。既存メディアは排除され、招かれたのはユーチューバーやテスラ車オーナーなど約1万5000人の招待客と1人ずつの同行者のみ。それでも新工場の実力を知りたくて、ニューヨークからオースティンに飛んだ。

 マスク氏の演説を含む屋外ステージでのイベントは午後9時からだったが、午後6時に現場に行くとすでに数百人ほどの「テスラファン」が全米各地から詰めかけていた。そこでコロラド州デンバーから来たというトニーさんと出会い、行動を共にするようになった。

花火の打ち上げなどさまざまなイベントが催された会場にはテスラファンが集まり、熱気に包まれていた(写真=AFP/アフロ)
花火の打ち上げなどさまざまなイベントが催された会場にはテスラファンが集まり、熱気に包まれていた(写真=AFP/アフロ)

 交流を深めるうちに見えてきたのは、ファンのほとんどがテスラ車だけでなく同社株も保有している点だ。トニーさんも2017年から投資を始め、余生を暮らすめどがついたため数年前に早期退職した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1216文字 / 全文1886文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。