この記事は日経ビジネス電子版に『住友化学、原油高で一息つく「お荷物」 誤算のサウジ2兆円プラント』(4月14日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』4月25日号に掲載するものです。

住友化学が出資し、2009年から操業するサウジアラビアの石油化学プラント「ペトロ・ラービグ」。総事業費2兆円の大型プロジェクトで将来性が期待されたが、業績は低迷し、累積損失を抱え込んでいた。だが、ここにきて流れが反転。原油高につながった外部環境の変化を受けて、息を吹き返しつつある。

住友化学は円滑な投資回収を目指す(ペトロ・ラービグの石化プラント)
住友化学は円滑な投資回収を目指す(ペトロ・ラービグの石化プラント)

 ペトロ・ラービグは住友化学とサウジアラビアの国営石油会社、サウジアラムコが37.5%ずつを出資する合弁会社だ。ガソリンなどの石油製品のほか、ポリエチレンやポリプロピレンといった石化製品を製造してきた。

 経団連会長も務めた当時の住友化学社長、故・米倉弘昌氏の肝煎りで進められた。だが安定操業や収益化のめどがなかなか立たず、市場関係者らから「お荷物」などと指摘されることも少なくなかった。2020年度(20年12月期)、ラービグの最終損益は約1270億円の赤字に沈んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り861文字 / 全文1340文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。