この記事は日経ビジネス電子版に『「国民車」軽自動車のEV化が始動 三菱自、200万円で先陣切る』(2月2日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』2月14日号に掲載するものです。

三菱自動車は2022年度初めにも、実質価格を200万円に抑えた軽自動車タイプの電気自動車(EV)を売り出す。25年ごろには軽自動車の2強であるダイハツ工業とスズキを含めた主要メーカーの軽EVが出そろう見込みだ。国内で販売される新車の約4割を占める「国民車」となった軽自動車でもEVシフトの号砲が鳴る。

<span class="fontBold">三菱自が1月に開かれた自動車展示会「東京オートサロン2022」で披露した軽EVのコンセプト車「K-EV concept X Style」</span>
三菱自が1月に開かれた自動車展示会「東京オートサロン2022」で披露した軽EVのコンセプト車「K-EV concept X Style」

 三菱自は1月、軽EVのコンセプト車を発表した。三菱自と日産自動車が共同出資するNMKV(東京・港)が企画を担当。三菱自の水島製作所(岡山県倉敷市)で生産する。

 三菱自は2009年から21年3月まで、世界初の量産EVとうたった小型車「アイ・ミーブ」を生産したが、累計販売実績は2万4000台と苦戦。その生産終了から1年を経て、三菱自はEVに再挑戦する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り898文字 / 全文1329文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。