「国籍で判断」は珍しい

 「私たちは皆、日本の友達だ。嘆願書は日本政府を困らせるためでも誰かを辱めるためでもない。今回の措置がいかに日本と諸外国の友好関係を難しいものにしているかを日本政府や日本の人たちに理解してほしかった」。書簡をまとめる一連の活動の中心にいたジャパン・ソサエティーのジョシュア・ウオーカー社長兼CEO(最高経営責任者)はこう強調する。ニューヨークにあるジャパン・ソサエティーは日米関係促進を目的に1907年に設立された団体だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1203文字 / 全文1917文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。