この記事は日経ビジネス電子版に『ソニーが強化するエンタメ事業、マイクロソフトの巨額買収が脅威に』(1月28日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』2月7日号に掲載するものです。

ソニーグループが2月18日、ゲーム事業のIP(知的財産)を元にした映画を公開する。エンタメ部門の連携を深める戦略作品だが、ゲーム業界では米マイクロソフトが巨額買収に動いた。10億人の顧客とつながるという長期目標の実現には、より大胆な発想が必要かもしれない。

<span class="fontBold">人気俳優のトム・ホランド(左)を「アンチャーテッド」の主役に</span>
人気俳優のトム・ホランド(左)を「アンチャーテッド」の主役に

 2月18日、ソニーグループのエンターテインメント部門の未来を左右する映画が日米で同時公開される。プレイステーション(PS)の人気ゲームを元にした「アンチャーテッド」。2007年の第1弾発売以降、全世界で累計4170万本を販売したヒット作だ。映画子会社のソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが、グループのゲームIPを映画・テレビ番組化するのは初めてだ。

 意気込みの強さは1月上旬、世界最大のテクノロジー見本市「CES」で明らかになった。ソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長CEO(最高経営責任者)が電気自動車(EV)事業参入を表明して話題をさらったが、舞台を彩ったもう一人の主役はトム・ホランド。映画「スパイダーマン」シリーズの主役も務める人気俳優を起用してCESでもアピールしたことで、アンチャーテッドにかける期待の大きさを世界に示した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り810文字 / 全文1415文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。