この記事は日経ビジネス電子版に『海外好調のセブン&アイ、屋台骨の国内コンビニに忍び寄る不安』(1月17日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』1月31日号に掲載するものです。

2022年2月期通期の連結業績予想を上方修正したセブン&アイ・ホールディングス(HD)。翌日の株価が一時前日比8%高になるなど、株式市場は業績の先行きを好感した。ただし、営業利益の半分以上を占める屋台骨の国内コンビニ事業は停滞が続いている。

<span class="fontBold">国内コンビニ事業の通期見通しを下方修正した</span>(写真=Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ)
国内コンビニ事業の通期見通しを下方修正した(写真=Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ)

 「住宅型・郊外型立地の苦戦」「新規顧客向け販促の不足」──。1月13日にセブン&アイHDが発表した2021年3~11月期決算資料には、国内コンビニ事業の業績停滞に関する強い危機感を示す文言が並ぶ。

 全社で見れば業績は好調だ。決算発表に合わせて22年2月期通期の業績予想を上方修正。営業収益は8兆7220億円と従来予想から4130億円引き上げ、本業のもうけを示す営業利益は同200億円増となる4000億円とした。21年5月に米ガソリンスタンド併設型コンビニ「スピードウェイ」の買収を完了したこともあり、いずれも21年2月期を上回る。純利益は従来予想から250億円上振れし、過去最高となる2150億円を見込む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り836文字 / 全文1362文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

6/20ウェビナー開催、「『AIバブル』の落とし穴 ChatGPTリスクとどう向き合う」

 近年、ChatGPTをはじめとする生成AI(人工知能)の進化と普及が急速に進み、私たちの生活やビジネスに革新をもたらしています。しかし、注意が必要なリスクも存在します。AIが誤った情報を生成する可能性や倫理的な問題、プライバシーの侵害などが懸念されます。
 生成AIの利点をどのように理解し、想定されるリスクに対してどのように対処するか。日経ビジネスは6月20日(火)に「『AIバブル』の落とし穴 ChatGPTリスクとどう向き合う」と題したウェビナーを開催します。日経ビジネス電子版にて「『AI新時代』の落とし穴」を連載中の米シリコンバレーのスタートアップ企業、ロバストインテリジェンスの大柴行人氏を講師に迎えて講演していただきます。
 通常の日経ビジネスLIVEは午後7時に開催していますが、今回は6月20日(火)の正午から「日経ビジネス LUNCH LIVE」として、米シリコンバレーからの生配信でお届けします。ウェビナーでは視聴者の皆様からの質問をお受けし、モデレーターも交えて議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。

■テーマ:「AIバブル」の落とし穴 ChatGPTリスクとどう向き合う
■日程:6月20日(火)12:00~13:00(予定)
■講師:大柴 行人氏(ロバストインテリジェンス共同創業者)
■モデレーター:島津 翔(日経BPシリコンバレー支局 記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス、日経クロステック、日経クロストレンド
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員は無料となります(事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。