この記事は日経ビジネス電子版に『アサヒは「スーパードライ」発売後36年で初 ビール刷新相次ぐわけ』(1月11日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』1月24日号に掲載するものです。

アサヒビールが旗艦商品である「アサヒスーパードライ」の発売から36年目にして初めての刷新を決めた。サッポロビールも発売45周年を迎える「サッポロ生ビール黒ラベル」をリニューアルする。酒税変更によって「狭義のビール」が主戦場になる時代を見据えた競争が激しくなってきた。

<span class="fontBold">アサヒビールの塩澤賢一社長(写真の右)</span>
アサヒビールの塩澤賢一社長(写真の右)

 「スーパードライは、これがなければアサヒビールが存続できなかったほど重要なブランドだ。嗜好品の味を変えるには勇気がいるしリスクも伴うが、(1987年の発売から)36年目にフルリニューアルを行う」

 アサヒビールの塩澤賢一社長は1月6日に開いた発表会でこう宣言。旗艦商品であるスーパードライの味やパッケージを全面刷新し、2月中旬以降の製造分から切り替えることを明らかにした。「辛口」や「シルバーパッケージ」といった特徴を残しながら、ホップの香りや飲み応えを強めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り798文字 / 全文1265文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。