この記事は日経ビジネス電子版に『リクルートと三菱UFJ銀がスマホ決済、「手数料0.99%」の勝算』(12月7日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』12月20日号に掲載するものです。

リクルートと三菱UFJ銀行は12月7日、スマートフォンを使ったキャッシュレス決済サービスを開始した。業界最安水準となる「0.99%」という決済手数料を武器に、後発ながらシェア拡大を狙う。小売りチェーンとの連携を進めるが、ネット大手などがひしめくレッドオーシャンで存在感を示せるか。

<span class="fontBold">リクルートMUFGビジネスが始めたキャッシュレス決済サービス</span>(写真=加藤 康)
リクルートMUFGビジネスが始めたキャッシュレス決済サービス(写真=加藤 康)

 「とにかく手数料を下げることにこだわった」。リクルートと三菱UFJ銀行が共同出資するリクルートMUFGビジネス(東京・中央)の夏目英治社長は、「業界最安水準」で参入したスマートフォン決済サービスへの自信をこう語る。

 12月7日に始めたサービスの名は「COIN+」(コインプラス)。この決済機能を備えたスマホアプリの配信を開始し、コインプラス加盟店でQRコード決済ができるようになった。最大の特徴は決済手数料が0.99%(税別)と低いこと。QRコード決済の多くは手数料が2~3%台で、PayPayの最低1.6%と比べても導入店舗のメリットは大きい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り875文字 / 全文1398文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。