この記事は日経ビジネス電子版に『脱炭素でガス火力発電も窮地に 「融資OK」でも海外進出に暗雲』(10月29日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』11月8日号に掲載するものです。

石炭に代わって火力発電の主役を射止めそうだった天然ガスが、ファイナンスをめぐって受難の時を迎えつつある。アジア開発銀行(ADB)が10月20日に正式決定した融資方針は、天然ガス火力発電に厳しい条件を並べた。ADBは日本のメガバンクや政府系金融とも協調融資する。重電・電機メーカーの海外進出に重荷となりそうだ。

<span class="fontBold">ガス火力発電はコスト増が不可避に(青森県八戸市)</span>(写真=PIXTA)
ガス火力発電はコスト増が不可避に(青森県八戸市)(写真=PIXTA)

 「これでは厳しすぎて、アジアのエネルギー供給が立ち行かなくなる」。経済産業省幹部はADBの融資方針について、思わずうなった。

 ADBは、天然ガス火力発電への融資条件として「高効率かつ、国際的に調達可能で最適な技術を採用すること」など、5つの条件を定めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1021文字 / 全文1407文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。