この記事は日経ビジネス電子版に『ソニー、稼ぎ頭のゲームも「選択と集中」 事業売却のしたたかさ』(10月25日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』11月1日号に掲載するものです。

ソニーグループが主力のエンターテインメント部門で「選択と集中」を進めている。制作スタジオなどを急ピッチで買収する一方で、オンラインゲーム事業を約1100億円で売却する。映画やアニメと縁遠いビジネスを切り離しつつ、有望企業を押さえるしたたかさも見せている。

<span class="fontBold">ソニーは「ソリティアトライピークス」などの人気ゲームを売却する</span>
ソニーは「ソリティアトライピークス」などの人気ゲームを売却する

 ソニーグループは10月18日、映画子会社傘下のオンラインゲーム事業をゲーム開発スタートアップの米スコープリーに約10億ドル(約1100億円)で売却すると発表した。

 ソニーはエンターテインメントを成長領域に定め、長期的に世界10億人と直接つながることを目指している。中核にするのはIP(知的財産)とデジタル配信基盤だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り949文字 / 全文1340文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。