この記事は日経ビジネス電子版に『自動車大国でほぼ同時に新首相 日独のEVシフトはどうなる?』(9月28日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』10月11日号に掲載するものです。

9月26日投開票のドイツ総選挙では、投票が分散し2大政党が過半数を獲得できなかった。環境問題への関心の高まりから第3党の緑の党が得票率を伸ばし、連立政権の鍵を握る存在に。同党は2030年の実質エンジン車販売禁止を掲げるなど、先鋭的な政策で産業界を揺さぶっている。

<span class="fontBold">ドイツ総選挙で最も得票率を伸ばした緑の党の共同党首ベーアボック氏(左)とハーベック氏(右)</span>(写真=ロイター/アフロ)
ドイツ総選挙で最も得票率を伸ばした緑の党の共同党首ベーアボック氏(左)とハーベック氏(右)(写真=ロイター/アフロ)

 9月5日午後8時前。ドイツのフォルクスワーゲン(VW)はミュンヘン市内の会場を貸し切り、ミュンヘン国際自動車ショーの前夜祭を開催しようとしていた。入場ゲートの前に環境NGO(非政府組織)「グリーンピース」が陣取り、同社の環境対応を批判する横断幕を掲げていた。

 そこに現れたのがVWのディース社長だ。抗議行動を無視することなく、活動家と身ぶり手ぶりで立ち話を交わした後に入場した。

 欧州では環境NGOの言動が一定の支持を受けており、経営者は環境NGOと対話の姿勢を見せなければステークホルダーの声を無視していると批判されかねない。26日に投開票があったドイツ総選挙でも、環境対策が大きな争点になった。

緑の党が第3党に躍進

 2017年の前回総選挙に比べ政党ごとの得票率に大きな変化があった。メルケル首相が所属する中道右派のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が得票率を落とし、中道左派である社会民主党(SPD)が得票率を伸ばし第1党になった。ただ、いずれも過半数には大きく届かず、連立政権を作らなければならない。

第1党が大きく議席を減らした
●ドイツ総選挙の得票率
<span class="fontSizeL">第1党が大きく議席を減らした</span><br />●ドイツ総選挙の得票率
出所:ドイツ選挙委員会
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1630文字 / 全文2330文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。