ジョー・バイデン 米大統領

9/15@声明
率先すべきは、進展する脅威に対応し防衛するために、我々が必要な最新の機能を確実に備えることだ

(写真=ユニフォトプレス)
(写真=ユニフォトプレス)

インド太平洋地域での存在感を増す中国に対抗するため、米国、英国、オーストラリアが新たな安全保障の枠組みとなる「AUKUS(オーカス)」を創設した。主たる目的は豪州に原子力潜水艦の技術提供をすることだ。原潜は秘匿性が高く、現在は米英をはじめ、中国やロシアなど世界で6カ国が保有している。一方で豪州のスコット・モリソン首相は「核兵器を得ようとしているわけではない」と明言した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り883文字 / 全文1138文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。